幸せを探しだすこぶた

pugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

不思議なズッキーニ

ゆうべ、弟の釣り仲間からのおすそ分けで大きな黒鯛が3匹うちにやってきた。
あんまりいい状態ではないから、身だけいただきましょう。

ということで、こぶたのお仕事発生。
最近、出刃も研いだし、新しく骨抜きと鱗落としを用意したので、フィレにするのが楽になった。

こぶたの作業が終わった頃に、母が畑からズッキーニをとって持って来た。
それが…みたことないタイプのやつでした。


普通ね、ズッキーニの雌花はこういうものなのですよ。
この雌花と雄花が受粉して、雌花についている幼果が大きくなるのですが、受粉が終われば花は役目が終わるので枯れます。


d0249399_22201542.jpg



しかし、今日取れたのはこれ。
受粉前なのにでかくないですか?


d0249399_22235948.jpg
d0249399_22201281.jpg

受粉していないのに、すでに育っておる!!
処女生誕??
それとも、受粉後に花が枯れなかったの??

こういうことはよくあるのかわからなかったから調べてみたけど、いいものが見つからなかった。

受粉する前に、こんなに大きくなるものなのだろうか…。
早速食べてみよう。


# by kobutanopugi | 2018-07-15 23:55 | | Comments(0)

ほ、ほたるいかの素干し

d0249399_08500483.jpg
@ほたるいかの素干し



こぶたは物産店や道の駅やおみやげ屋さんでは必ず地元の食べ物や調味料を物色します。都内にある地方のアンテナショップめぐりよりも、宝探し感が強まるのよねー。

そして、一目で購入をきめたこれ…。
ほたるいかの素干しです。


d0249399_08501854.jpg


スルメは内臓をとるのだが、これはついたまま干してある。
ほたるいか自体が小さいので、つけたままでも十分乾燥できるのでしょう。
光にかざすと、身の中に光を通さない黒い部分があるのだが、これが肝臓です。

d0249399_08501124.jpg

身からちびちびかじっていく。身もうまいけど、肝のところに差し掛かると、じぶじぶっとした肝の汁が旨味と共に口に広がる…。イカの塩辛が好きな人はハマる味。
ちなみにこぶたは足から食べる方が好きです。

ビバ!内臓!!
やっぱり、イカのキモは肝なんだって!



# by kobutanopugi | 2018-07-12 23:55 | | Comments(2)

糸魚川旅行

d0249399_15584522.jpg

@海の幸の調味料





糸魚川に翡翠拾いをしたくて、二泊三日の旅に出かけた。
足腰が丈夫なうちに行きたかったのです。

ちなみに一緒に行ってくれた人は、一泊三日です。
遠いのに本当にありがたい。

フォッサマグナミュージアム、能生白山神社、姫川にも。
毎日たくさん歩いた。最終日は16.5km。


d0249399_15591856.jpg


ヒスイ海岸はすべすべした砂利で覆われていて、海も空も気持ちよかばい。


d0249399_15591425.jpg


d0249399_15590874.jpg


翡翠は一つも拾えなかったけど、姫川薬石を拾って来た。
姫川薬石は翡翠よりも容易に見つけられる。
左側の大きなのは手のひらより大きい。漬物石にしよう。


d0249399_15592360.jpg


いわゆるグルメ!というものは食べなかったけど、味に関わるものが複数、しかもさりげなく、一見味に関係ないような見た目で、こぶたの元にそっと打ち寄せられた。

なんだかとっても豊かな旅だったわ〜。
生まれ変わった気分。



# by kobutanopugi | 2018-07-11 23:55 | いろいろ | Comments(0)

HandMade In Japan Fes 2018

縁あって、ハンドメイドジャパンフェスに行ってきた。


出かけようとしたら、プチギックリ腰になり…。
家族に止められたがビッグサイトに行ってきた。

仕事ではよく訪れたビッグサイトだけど、プライベートでは初めて〜。

ネット通販サイトに出店している店舗の品物で、大量生産&大量販売が難しそうな商品、加工やデザインにこだわりがあるものが多い。メーカー商品に飽きた人たちには、そこがたまらないんだろうな〜。入場料は1日1,500円だが、見る価値がある。ものすごい人だった。ありとあらゆるハンドメイド商品、その素材になりうるもの、お菓子や調味料などの加工食品を売っているのだが、個々のブースは狭く、限られたスペースで鱗のように商品が並んでいる。びっくりするほど可愛らしいもの、美しいものがたくさんあった。時々、伊勢丹新宿店に並んだらあっという間に売れてしまうのではないかと思うようなものがあったり。多分ここからメジャーになって行くのでしょうね。

そこを、プチギックリ腰のこぶたがカタツムリのように見て、引っかかったものを買ってきた。

魚の革、ポッサムというフクロモモンガの毛とメリノウールをブレンドした毛糸、キラキラした刺繍糸。この毛糸と魚の革はこぶたの超ツボだわ〜〜〜。


d0249399_11085045.jpg

ユーセーアーヴェーのクグロフ型パウンドケーキ。食レポはまた後日。

d0249399_11084499.jpg


皮ごと絞ったみかんジュースと、カンボジア産の塩漬け生胡椒のペースト。どれも試食済み。


d0249399_22370315.jpg



万華鏡のような世界を見れた.
行ってよかったわ〜〜。



# by kobutanopugi | 2018-07-07 23:55 | いろいろ | Comments(0)

幸せこぶたのキャラメルバナナクレープの造形

d0249399_23405079.jpg
@夏の光が青くて昭和っぽい



幸せこぶたのバナナクレープは、食べづらい。

ナイフとフォークを使って食べないといけないのだが、
もっと、簡単にナナチキみたいに食べられないものだろうか。

今のバージョンは、春巻きっぽさ、薄焼き卵でちらし寿司を包んだ、みたいな形で、見栄えのためにソースを上にかけているのだけど、これも食べづらい。

この味わいのバランスを崩さず、ナナキチのように食べられたら、子供会のイベントとか、バザーとかで出せそうじゃない?単品でお茶も販売したりして。
結構、老若男女に受けそうな気がするんだけどな。

このクレープは、甘いものを食べないこぶたが作る数少ないスイーツの一つなのだが、家族に大変に人気があるのです。

どうにか、おいしさをそのままに、食べやすくしたい。
ちょっとやってみよう。



# by kobutanopugi | 2018-07-01 23:55 | | Comments(0)

クレーマ ディ ポンペルモチェッロができた

d0249399_22164103.jpg

@できた!





クレーマディポンペルモチェッロができた。
どうせならと思って、半分クレーマディポンペルモチェッロ、半分はポンペルモチェッロで仕上げた。

どうなんだろうと思ったら…

どっちも美味しい!!
ただ、アルコール強すぎるな〜〜〜〜!!

まぁ自家製マムシ酒は70度なので足元にも及ばんが…。


画像左がクレーマ ディ ポンペルモチェッロ(クリーム)で約27度、右側がポンペルモチェッロ(シロップ)で33度。

クレーマ ディ ポンペルモチェッロは、材料に乳製品を使っているので、市販のものより度数を上げてみた。飲むとき割ればいいし。アルコールとの親和性もあり、混ぜ合わせた時に分離もせず、いい感じにクリーミーに仕上がった。グレープフルーツの苦味や酸味とかは全くなく、爽やかな香りと甘い味。トロリとしたクリーム状の液体は、グレープフルーツの皮のエキスを浸出したアルコールとクリーミーさが相まって、美味しイィ〜〜〜。

クリーム好きとしては、クレーマ ディ ポンペルモチェッロは成功した。
クリーム入れないポンペルモチェッロも美味しかったので満足!
(一般的にするには、もう少し度数下げた方がいいネ)


レッツゴー呑んだくれーっっっっっ!!




# by kobutanopugi | 2018-06-30 23:55 | | Comments(0)

ガチャピンが肉団子に

先日、ガチャピンの姿になったナミアゲハの幼虫。
あれから毎日愛でていました。
毎朝お触り。脇腹をさわさわ。

ところが、本日午後にアシナガバチに肉団子にされて無残な姿になってしまいました。

大事にしていた山椒に害虫が沢山付き、それを根絶やしにしたと思いきや1匹仕留め損ねたことに気づき、その後それを育てることを決めて毎日愛でたら、アシナガバチに肉団子にされて持っていかれた。

ガチャピンには不幸だが、アシナガバチと山椒には幸運であった。

人間万事塞翁が馬とはまさにこのことだ。



# by kobutanopugi | 2018-06-25 23:55 | Comments(0)

金柑の花の砂糖煮

d0249399_14374755.jpg

@金柑の花〜





ところで、
畑にある金柑の木にびっちり花がついていて、たくさんの蜂がブンブンブンブン飛んで蜜を吸っている、と母がいうので、花をとってきて何か作ろうと思った。

ザルを片手に、蜂にビビりながら花を集める。沢山手を動かしても花が小さくて大した量とれなかった。

どうしよっかな〜と思い、砂糖で煮ることにした。
花をさっと洗って、砂糖をまぶしてしばらく置き、浸透圧で水分を出した後で加熱。


d0249399_14375240.jpg


花の香りとほのかな苦味が複雑な食べ物に仕上がった。
これを食べると、人工的な香りは非常にのっぺりしていることがわかる。


d0249399_15394813.jpg


これだけでうまいものではないが、カクテルに沈めたりしてカプセルのように噛んだときに複雑な味と香りが広がるようにしてもいいかもしれない。



# by kobutanopugi | 2018-06-24 23:55 | | Comments(2)

前に流行ったインカインチオイルがイカしてる

こぶたは油が好きで、1日何種類も食べます。


朝:トーストにエクストラバージンココナッツオイルをかける
  インカインチオイルを牛乳に垂らして飲む

昼:EXVオリーブオイルをふんだんに
  別料理にさらにごま油を追加
  バターも大好き

夜:魚や肉にEXVオリーブオイルをかける


インカインチオイルはヘアケアにも使っているのですが、いい感じ。

青臭いタネの味がするオイルなんだけど、こいつは切らせてはならない油になった。流行ったのは何年も前だけど、流行ったのもわかる。即効性があるんだね。

インカインチオイルを飲むと、頭がはっきりするし、朝飲むと1日中スッキリ過ごせる。

健康に気をつけた食生活なんて意識していない分、インカインチオイルの効果にびっくりしたよ。



# by kobutanopugi | 2018-06-23 23:55 | | Comments(0)

ナミアゲハを飼うことにした

d0249399_17375531.jpg

@脱皮して大きく育つミアゲハの幼虫





こぶたの山椒で生き残った1匹のナミアゲハの幼虫…。

朝、茶色い個体をしげしげと眺めつつ、処遇について考えていた。
山椒の木の成長を考えると残しておくのは危険な存在だ。

でも1匹だけ取りきれなかった、というところに縁を感じるしなー。
殺すのはいつでもできるからなー。
うーむ。ちょっと保留。

と思っていたら、夕方になって脱皮して緑色になっていた。

ああああああ〜もう殺せない。
アゲハの幼虫は、ガチャピンみたいになったら可愛くて殺せないのよーーー。
こいつは、触るとさらっとしてて、モコモコしてて…可愛いのよーー。

迷っている間に緑になってしまったので、こぶたの負けです。
山椒は鉢植えで、周囲に餌になる他の柑橘の木もないので、このままここで放し飼いが可能だと思う。こいつは生きている葉っぱしか食べないのよ。逃げたら逃げたでそれもまた良し。

肝心の山椒の健康状態だけど、きっと今の木の大きさなら、ギリギリ1匹は育てられるかなぁ。
こいつの成長を見守ることにします。
やれやれ。



# by kobutanopugi | 2018-06-20 23:55 | いろいろ | Comments(2)