幸せを探しだすこぶた

pugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

3台目 タルトタタン

d0249399_23525788.jpg

@蜜入りの紅玉だ〜♪






つい先日、『時代が変わって、もう少し手頃な値段で紅玉が買えることを希望』とブログに書いたら、時代は変わらないが、旅先で新鮮な紅玉が安く買えた。自分の希望が目の前に出現する早さが、もはやオカルト級である。

12個で900円だから1個75円だわ。
1個が重い。そして、蜜が入ってた〜。当たりだわ〜♪
うわ〜いうわ〜い♪

紅玉で焼くタルトタタンは次は来年だわ〜と思ってたから、嬉しいサプライズ。
焼き色もバッチリ。


d0249399_16482061.jpg


作り始めて3日目でようやく食べられる。
今回はりんごの味が濃い!!
生クリーム添えるとやっぱり美味しいね〜。



d0249399_23532724.jpg


濃厚なので、ちょっと食べるとりんご感がすごい。
大事に食べようっと。



# by kobutanopugi | 2018-11-10 23:55 | | Comments(2)

鹿塩への旅の食

この旅も豊かだったわ〜。

往路でシーズン終わりのクリタケが買えた!
今年はキノコ狩り行けなかったから嬉しいよ〜〜!


d0249399_10565224.jpg


道の駅で、鹿の坦々麺と鹿カレーを食べる。
水菜が新鮮で美味しかったよ。


d0249399_13491052.jpg

d0249399_13490073.jpg


晩御飯では、地元のブルーベリーを使ったジュース、鹿、松茸、ヤマメ、鯉、イノシシ、新米のコシヒカリを食べたよ!!
松茸もシーズン終わりなので、嬉しいサプライズ。


d0249399_13523590.jpg



お部屋のお茶をいれたら茶柱が立った。
普段は気にしないけど、今回は嬉しい。


d0249399_13541242.jpg




翌日は天竜峡に寄ったよ。


d0249399_13583712.jpg

シーズン終わりの紅玉をゲット。
安くて新鮮!またタルトタタンを焼こう〜♪

そしてカフェでお昼ご飯。
サンドイッチ美味しかったな〜〜。


d0249399_13570923.jpg



今回も悔いなし!!!



# by kobutanopugi | 2018-11-07 23:56 | | Comments(2)

大鹿村の鹿塩温泉の塩

d0249399_12272338.jpg
@鹿塩温泉の塩





ご飯食べてたら目の前の新聞に、長野県大鹿村で鹿塩温泉で塩を作っていて鹿も食べられる、とあったので早速行って来ました。
ここの塩は取り寄せができず、現地に足を運んでも1人1袋(50g)までしか買えないのだそうです。
こぶたが行かない要素が見つからない。

だって、鹿と塩だもの!

現地へは車で行きました。遠かったです。
空気が美味しい。
自然の中に人がいることを実感する。

d0249399_12452399.jpg



ここで出る温泉が海水と同じくらいの塩分濃度だそうで、煮詰めて、天日干ししているのだそうです。
こぶたは一泊したので温泉に浸かり、お湯を舐めたら塩辛かったです。

遥か昔に海水が閉じ込められて染み出しているのでしょうね。
日本には海が多いので海塩が多いけど、山からも塩が作られているなんて。
ペルーのマラスみたいだ。

こちらでは、白い塩2種、ベージュの塩1種の計3種が販売されています。


d0249399_12381989.jpg


白いのは一番塩と粗塩の2種。
ベージュの塩はなんの色だろうと思っていたら、鉄分なんだそうだ。

ありがたいことに、製塩所を見学させてもらえた!

温泉用と、製塩用と汲み上げているところが2つ隣接している。

こちらが製塩用で、鉄分が多いんだそうだ。
味見させていただいたのだけど、しょっぱい!!
そして、後味が鉄の味。
血を舐めた時みたいな感じ。


d0249399_12563098.jpg



温泉用は、鉄分が少なくて硫黄が多いんだそうだ。
なぜなのかは未だわからず、ずっと疑問に思ってらっしゃるそうです。
地層を調べに来る学者さんはこの違いにあまり興味がないらしい。


d0249399_13012744.jpg


この塩水を汲み上げて、一度釜に入れると表面に酸化した鉄分が浮くんだそうだ。
表面にこまかーーーーーい箔のようなものが浮いている。


d0249399_13045010.jpg


これをすくって煮詰めると、黄金色の塩になるそうだ。
酸化鉄が入るとピンクになるイメージ(ピンク岩塩やローズクォーツ)だったので、黄金色になるのは新鮮。過程が違うからなんだろうな〜。


そして、煮詰めて結晶化させたものが、白い塩になるんだそうだ。


d0249399_13141866.jpg

すくい上げたお塩をいただいたけど、にがりを切っていないからマグネシウムの苦味がある。
この液体も苦い。

乾燥させたトレミーをいただいたんだけど、苦味多めでした。
温泉自体にマグネシウムが多いのかしらね。

このお塩への熱い思いを伺えて、こぶた感激です。

ちなみに、新聞の反響もあり、期間限定で来なくても買えるようになるみたいです。
でも、こぶたは行ってよかったです。



# by kobutanopugi | 2018-11-07 23:55 | | Comments(2)

2台目 タルトタタン

d0249399_15115617.jpg
@2台目タルトタタンの試食







早速、2台目のタルトタタンを焼きました。
今回は、前回と同じパッケージの紅玉を買ったが、前回より小ぶりだったため、りんごの量が前回よりも少なくなってしまい高さがでない。
でも、キャラメリゼは改善されて酸味と甘みがマイルドな上、1日寝かせていたことで味が馴染んでバッチリの美味しさ。もう、際限なく焼いてしまいそうだわ〜〜。


1台目。
ふっくらしているのはりんごが多いから。
全体的にこんがりした色。

d0249399_23314478.jpg


2台目。
りんごの層が薄めだけど、しっかり焼き込んでいます。
中心はこんがりだけど、側面がしっかり火入れがされている。
中心も焼き込むなら、ちょっと加熱に工夫が必要だな。

d0249399_11002482.jpg

こんな素朴な作り方なのに、こんなに美味しいりんごのお菓子があるなんて、
良いりんごと、四つ葉バター無塩のおかげだな〜。

今度フジがうちにきたら、フジでもやって見るんだ〜〜。
楽しみ楽しみ♪




# by kobutanopugi | 2018-11-02 23:55 | | Comments(2)

髪を切る

今日美容院に行ったんですけど…。

いつも切ってくれる担当さんは3人いらっしゃるんですけど、どなたもおらず、初めて担当してくれた方に切っていただいたんです。でも、なぜこの人に切ってもらっているのか考えました。

担当してくれた方が美人で、宮島の雌鹿に似てた。
目とか、シュッとした顎とか、凛とした感じとか。
いい面相の人だった。

鹿に似た美人だよ!!

(この人に)絡みたい、という欲求が生まれたので、自分のキャラを出して行ったんですけど、始め明石家さんまみたいなボケをかましてすべりました。

あんなに滑ったこと今までないと思う。

人生、いつまでたっても新しいことってあるものですね。

その後、お互いの興味の共通点である、毛について語りました。

動物の毛や角と人間の髪や爪を並列に見ているこぶたって変わっているんだなとしみじみ思いました。

今更ですけど。

# by kobutanopugi | 2018-11-01 23:55 | いろいろ | Comments(2)

タルトタタン

d0249399_12474968.jpg

@ようやく食べられた〜




紅玉を買って、焼いて、冷やして、ようやく食べられました。

強い酸味と強い甘み。
それを生クリームがマイルドにしてくれます。

でもちょっとキャラメル感が弱い。
ここが難しいところだ。
でも食べられたので今は満足。


いただきもののアッサムの新茶でミルクティーを。
食べたいものが食べられて幸せだね〜。美味しいね〜。


d0249399_12481502.jpg


これは、寝かせて食べた方が美味しいパターンだわ。
もう一台焼こう。紅玉が買えるうちに。
キャラメリゼのリベンジだー!




# by kobutanopugi | 2018-10-31 23:55 | | Comments(0)

りんご

今月、タルトタタンが食べたいなあと思っていたけど、巡り会えなくてですね。
もう自分で作るしかないことを悟る。

今年は、お天気と日程の都合でキノコ狩り行かなかったし。
クリタケ食べたかったけど食べられなかった…。

せめてタルトタタンは…ということで、りんごを買いに行く。
りんごは今、家にシナノスイートとシナノドルチェがいっぱいあるんだけど、菓子にするには味がぼんやりしていて柔らかいので紅玉を買いに行った。
フジは12月ごろにならないとうちには来ないので…。

スーパーで紅玉はなかなか売ってない。加工に向いている品種なので、忙しい現代人の集まるところでは売れないでしょう。

毎年必ず紅玉を売っているところがあるが、シーズンの終わりだからか今日はまた高い。
今年は紅玉が1個200円。
緩衝材にくるまれて、1パック2個入りで売ってた。

これは紅玉ではなく、紅玉様ですよ…。
時代は変わったな…。

仕方がないので、10個買った。
手に入るだけでもよかったよ。農作物ですから。

こぶたはタルトタタンが食べたいんだよ!!


この価格に、母が驚く。
そして長いりんご談義を聞くことになってしまった。

母は、りんごの木から実をもいで食べて育った人間なのです。
色々な種類のりんごが庭に植わっていたそうだ。
品種の違いがわかるひとなのです。
この品種は親のこの個性とこの個性が出ているとか、語れる人なのです。

この親にして、こぶたあり。
うーん。

また時代が変わって、もう少し手頃な値段で紅玉が買えることを希望します。



# by kobutanopugi | 2018-10-30 23:55 | | Comments(0)

合羽橋に行って来た

こぶたに、台東区、浅草が来てる。
特に興味はないのだけど、行って来ました。

合羽橋というのは飲食関係の業務用道具の専門店が軒を連ねる場所。
合羽橋、26年ぶりくらいじゃないかしら…。

ついでに寄ろうと思っていた毛糸屋さんと革屋さんは月曜定休だったので合羽橋に集中。

とにかく端から見て行ってピンと来たら入るという方式。
同じ商品でも店によって通常城代で販売しているところがあるので、卸価格で販売しているところで購入するのがコツです。

合羽橋には母と行ったのだけど、二人とも欲しいものが特になく、必要なものはあるから別に不自由していないからなぁ、という低いテンションからスタート。

膨らますとタコや金魚になる紙風船を買って、上がるこぶた。
1つ100円以下やねん。勿体無くて広げられないよ。

d0249399_23174477.jpg

母は欲しかった竹製団扇を買ってホクホク。
(高松旅行でお土産としてリクエストされたけど、自分用に金魚ちょうちん買ってしまったからな…)

こぶたは炭火焼き鳥屋さんで使うでっかい業務用団扇や、山椒、お菓子の型を買ってホクホク。

釜朝商店というお店では、いいな〜と思うものは、全て売り切れているという珍事が。

d0249399_23190476.jpg

※撮影許可いただきました

d0249399_23211351.jpg


特にこの鍋は、鋳物の鍋と違って軽いし(鋳物よりは)、フォルムもいい。値段もいいけど。
ストウブとかル・クルーゼは美味しい料理ができるけど、鋳物は重くて使えないよ。鍋はアルミか銅がが好きだなあ。


刷毛やブラシの専門店で、自分のヘアブラシ(猪の毛)を買う。
いろんな種類があるのを実際に試させてもらって、一番自分に合うのを購入。暴れん坊将軍のような髪の毛もすぐにまとまるし、いいブラシが欲しかったので嬉しい!最近、動物の毛や角ばかり気にしていたので、自分の毛も大事にしようと思ったのよね。
しかし、こぶたの毛づくろいに猪のブラシを使うって、なんか笑える。


d0249399_23254312.jpg


母も楽しめたようだ。

予想外に充実したお出かけになった。
行ってよかったわ〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-29 23:56 | いろいろ | Comments(0)

酸っぱいスダチパスタ

d0249399_23080005.jpg


こぶたは、もう家でうまい讃岐うどんはもうたベられないと判断いたしまいた。
そこで、うどんの代わりに太いスパゲッティを使って、うどんのようにモチモチにできないか、とやっているのですが、当然同じ味になりません。

たくさんあるスダチを、毎食パスタにたんまりかけて食べることに決めました。
美味しいとかじゃなく、体がクエン酸を欲しているのです。
毎日食べていると、酸っぱいを通り越して、この酸味がなくては!という領域になる。
この食べ方は、何か味の要素をを足しても良いが、引き算でやってみても面白いと思う。

毎日酸っぱいパスタを食べています。



# by kobutanopugi | 2018-10-26 23:55 | | Comments(2)

魔の縮絨

オレンジ杢、タムタムヤーン でセーターを編みました。いい毛糸だったので、着るもの(セーターやカーデ)を編みたかったんだよね。
ちゃんと編み地サンプルも作って、洗いをかけて、少し縮んだ編み地で目数を決めて編みました。

かなり大きく仕上がったんだけど、洗って仕上げたら縮むのです。
そしてアクロンで一度洗ったんです。

そしたら、てろーんと大きいまま!!
なぜ縮まぬ…。
アクロンやエマールは、本当に縮まない。すごい洗剤だ。

そしてこぶたは、縮めるために洗濯機に入れてアタックネオを入れて普通にガラガラと洗ってしまったのです。
洗うのは悪くないのだけど、途中で様子を見る、ということを忘れてしまいました。

そして出来上がりは、男性LLサイズが、女性Sサイズに超縮まっていました。

もう笑うしかない🤣

そもそも編み地サンプルも手で縮絨をかけたので、セーターも同じ条件でやればよかった。洗濯機でやるにしても、途中で様子見ればよかった。

仕上がって、最後の最後に気を抜いてしまったのですね。

小さいこぶたを買ってきて、頑張って育てて、やっと丸焼きにする時が来て、オーブンに入れっぱなしにしちゃってパッサパサになるまで焼いてしまった、みたいな体験。

うーん、この縮絨という工程が、いまいち自分のものにできない。
普通の手芸店で売っている毛糸に縮絨は必要ないというのもあるけど。

服を編むには、こぶたは向いていないのかな〜。
手で縮絨を地味にやるしかないってことね。

これは、手で縮めた編み地。

d0249399_22430167.jpg


洗濯機でフェルト化した編み地。
見た目はこれでいいけど、天然繊維は目が詰まりすぎて、縮まらない化繊部分がピョコピョコ出ている。これはこれで、見た目は面白いけど、触るとゴワゴワというか革のように固い。


d0249399_22430884.jpg

この毛糸はあと1kgあるので、リベンジしたいと思います。

よく考えれば、この毛糸は縮絨しなくても良い毛糸なんだな…。
だって、アクロンでで洗った後、ふわふわしてたし。
した方が、風合いが出ると思ったんだけど。

縮絨をしたい気分だったんだな。

編み物は奥が深いわ〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-23 23:55 | 編み物 | Comments(2)

フロートナツミカネード

d0249399_21181781.jpg

@瀬戸内つながりってことで






高松でフロートナツミカネードというものを買ってみた。
山口県のだよ。

先日の高松旅行では、自分用に清水焼(京都)、金魚ちょうちん(山口)、ハサミ(兵庫)を買ったりして、謎すぎるこぶた。
しかも購入は即決。
もう、『こぶたの即買い瀬戸内セレクション』ですわ〜。

フロートナツミカネードとは、メニュー的には“夏みかんの濃縮ジュース・フリーズドライ夏みかんを浮かべて”って感じ。

水、炭酸、お酒で割ると良いって書いてある。商品名だけで何かわかり、パッケージだけで購入スイッチをオンにし、夏みかんのフリーズドライを浮かべることで、買わない選択を一ミリも残さないという仕掛けがある優れものだ。
個包装で5食(薄めると1食180mlになる)入っている。


d0249399_23484729.jpg




見た目がいいので、味は期待していなかった(偏見)けど、美味し〜い。
甘さ控えめ、香料不使用、夏みかんのほろ苦さが出ている。
このほのかな苦味が酒好きの人にはきっと心地好いに違いない。


きっとみんなが知っている人気の商品なんだろうな〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-22 23:55 | | Comments(0)

スダチぽん酢でしゃぶしゃぶ

d0249399_20294949.jpg

@肉がきたー






弟が美味しいお肉を買ってきてくれたのでしゃぶしゃぶに。

スダチにめんつゆがいいと教わったので、めんつゆと鮭の魚醤を入れてポン酢を作った。

全ての具材が、さっぱりに感じられてヤバイ。
特に、蛋白質系。
肉とか魚とか豆腐とか、たくさん食べられてヤバイ。
スダチおそるべし…!
でもかぼすの方が好きだ…!

こぶたは柑橘が好き。
香酸柑橘では、香りでは特に柚子、味ではカボスが好き。

柚子は香りで、かぼすは味でこぶたの食欲をオンにする。
スダチは食欲をオンにしないまま、量をたくさん食べられるという魔の香酸柑橘だわ〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-21 23:55 | | Comments(5)

高松のお土産はスダチです

d0249399_14274553.jpg

@スダチがたんまり




昨日、弟がまた鰆をもらって来た…。
「もらう」って、突然なんだよね。当たり前だけど。
「釣ってきた」は釣りに行っているから、来るかもしれないと心の準備があるけど。

母がお昼に炙ってくれた。
スダチを絞って食べたよ。美味しかった〜。


d0249399_14275395.jpg


うどんには柑橘が合うので、パスタにも絞ってみた。
甥っ子が喜んでたくさん絞ってかけていた。
こぶたと一緒で、酢酸が嫌いでクエン酸が好きなのかしら?

d0249399_14275656.jpg


スダチたくさん買って来てよかった〜〜。
しばらく楽しめますわ〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-20 23:55 | | Comments(4)

高松への旅5日目 復路も電車なの

d0249399_14032265.jpg

@とにかく気持ちいい瀬戸内海





朝、チェックアウトして、最後のぶっかけ冷小を食べる。
大根おろし抜きにしてもらった。
この旅の最後の一杯だ。

帰りも電車ですわ。
岡山→東京間は新幹線のぞみ。

瀬戸内海がとにかく気持ちいい。
気持ちよくて、もう動けないよ。

本当に豊かだった。
可視、不可視の皆さん、本当にありがとう。



# by kobutanopugi | 2018-10-19 23:55 | いろいろ | Comments(4)

高松への旅4日目 食べてのんびり

d0249399_13411824.jpg
@秋の高松市






今日は午前中に高松の商店街をふらふら。

シューレという服飾、雑貨、食品などを置くセレクトショップでニットをガン見。
デザイン、素材、価格、重さ、仕立て等をガン見。
どれも高価だが、触るとわかる。
カシミヤ100%のロングカーデが58,000円とか…。
全体が表メリヤスで袖口が3段、一目ゴム編みだったなぁ。
一目ゴム編みどめなのか、一目ゴム編みの作り目なのか…高いわけだわ。

美味しいうどん屋を探して彷徨ったが、良いお店が見つからず。うどんバカ一代で釜バター中を食べる。
やはり迷ったら次からここ一択だな。


そして地元の魚屋さんで大きな殻付き牡蠣を6個ゲット。
水槽から出してもらう。

d0249399_13544973.jpg



そして地元の八百屋さんでスダチをゲットし、ホテルで開けて食べる。

d0249399_13560904.jpg


夜は、また鳥の店で、マイペースに肉を焼いて食べる。
ぼんじりがおいしいわ〜〜。


d0249399_14003074.jpg



今日も悔いなし!!



# by kobutanopugi | 2018-10-18 23:55 | | Comments(0)

高松への旅3日目 本日の食

一日中ドライブで連れて行ってくれたよー。

上野屋!!
茄子の天ぷらもうまし!!


d0249399_11574362.jpg



綿屋!!
肉うどん初めて食べたけど、うまし!!
なぜうどんにはこうも柑橘が合うのだろうか。
謎だ。

d0249399_11584611.jpg



Iちゃんが2杯目のうどんでお腹いっぱいになったとのことなので、西内花月堂でケーキを食べた。
こぶたは甘いものは好かんのだが、どのケーキも甘くなくて、自己主張も控えめであることが、こぶたには嬉しい。
こんなところ(失礼)に、こんな良い店があるなんて…。
謎だ。

d0249399_13134192.jpg


そして、夜はナポリ風ピッツァを、ピッツェリア アルチェントロで。
トマトソースと粉が美味しかった。
生地は、もう少し塩が強くて、厚くて、寝かせてある方が好みだわ。

d0249399_13245473.jpg


今日も1日、悔いなし!!



# by kobutanopugi | 2018-10-17 23:56 | | Comments(0)

高松への旅3日目 空海

d0249399_11042121.jpg

@善通寺の蓮




今日もIちゃんが案内してくれた。
Iちゃんはまるでプランナーのよう。
お任せツアー、本当にありがたいわ〜。

道中、Iちゃんから空海の話をたくさん聞く。
こぶたは、観光に興味ないが、偉人にも興味がなく、すごい人ってみんなが言っている人、ってくらいにしか感じない。
今日話を聞いて、空海は、Iちゃんの叔父さん、ってかんじになった。
善通寺の戒壇めぐりを体験してほしいとのことで案内いただく。

戒壇めぐりでは、お寺の下にあるの光が全くない通路を左手の感触だけで歩く。
しばらく歩くと、光が見えて来て、空海の言葉を聞くことができるのです。

とても素晴らしい体験だった。
2回行ってしまった。
2回目は一人で。

すごく大きくて立派なお寺なのに人が少なくて、ゆっくり過ごせた。

夕方、満濃池に連れて行ってくれた。
いきなり魅せられる。
池という名のダム。
水をコントロールするのは、辰だよ。


d0249399_11472685.jpg


もう言葉では言い表せないよ。




# by kobutanopugi | 2018-10-17 23:55 | いろいろ | Comments(0)

高松への旅2日目 本日の食

朝5時過ぎに起きて、6時からうどんバカ一代というお店で釜バターうどんを。
釜揚げうどんに、黒胡椒、バターがのっかっていて、生卵と醤油をかけて食べる。
うどん自体が超うまい。
次から、ここを行きつけにしよう。

d0249399_22353384.jpg


宮島でソフトクリームを食べる。
コーンがラングドシャになっていて、ソフトクリームは生クリームがたっぷりでチーズケーキの様な感じもある。

d0249399_22413022.jpg



弥山に登った後、せっかく広島に来たのだから、穴子ご飯と牡蠣フライを食べる。

d0249399_22435993.jpg


食後のデザートで、もみじ饅頭屋さんが始めた新しいブランドのお店で、Iちゃんにスイーツをご馳走になる。
広島のホットレモネードとコロネと生のマスカットが一粒入った大福をいただいた。
疲れた体に染みるクエン酸。


d0249399_22452226.jpg

今日も1日、悔いなし!!




# by kobutanopugi | 2018-10-16 23:58 | | Comments(0)

高松への旅2日目 宮島の鹿

d0249399_22144486.jpg

@鹿への愛が溢れて止まらない






こぶたに超〜鹿が来ている。
一番嬉しかったのは生きた鹿と触れ合えたこと!!
最高だった…!!

だって、こぶたの手元に来る鹿は、皆んな死んでるんだもん。
角も、肉も、革も。

生きた鹿〜〜〜〜〜!!
超上がる〜〜〜〜!



日向ぼっこしている鹿。

d0249399_22145444.jpg



歳をとったオスの鹿。
生え変わるのに角が切り取られるのは、観光客が怪我をしないようにするためです。
ちょっと弱っているのか、お疲れ気味。

d0249399_22150157.jpg




お食事中のカメラ目線いただき!!


d0249399_16593280.jpg




まったりしているこの親子。意外とアグレッシブ。
餌をあげては行けないことになっているのだが、親がこぶたのバッグに首を突っ込んで厳島神社のしおりを奪取するという珍事が発生。めっちゃ食べてた。紙が好きなんだな。

d0249399_22145126.jpg



弥山の途中の別の親子。美人だわ〜。

d0249399_22151214.jpg




人間を恐れず、そばに行っても逃げないのでなでなでできた。
この至福の時間を、こぶたは決して忘れないよ。

d0249399_22265700.jpg



# by kobutanopugi | 2018-10-16 23:57 | 鹿の角 | Comments(2)

高松への旅2日目 宮島の弥山

d0249399_21560092.jpg

@日本とは思えぬ




Iちゃんが、宮島の弥山に案内してくれた。
ロープーウェイで山に登る。

d0249399_21555088.jpg



ロープーウェイからの景色も絶景よ。

d0249399_21555693.jpg


で、終着駅が頂上なのかしら、と思ったら、
その先、結構な山登りをしないと頂上には行けないことを知った。
着いた山から、別の山に登る、みたいな。

d0249399_22054509.jpg

宮島自体に来るつもりがなかったので、全く下調べしていなかった。
丸腰ですよ、丸腰。
それが却って良かったのかもしれない。
本当にきつかったので、知ってたら登らんわ。
Iちゃんとじゃなかったら絶対行かないよ!!

消えずの火まで登って、死にそうになる。
さらに、山頂を目指して登る。

d0249399_21560400.jpg



山頂は俗にいうパワースポットってやつですわ。
Iちゃんは歴史にもエネルギーにも詳しいので色々教えてくれます。
岩が多くてあんまり日本ぽく感じない。


d0249399_21560092.jpg

頑張った甲斐がある山頂でした。



# by kobutanopugi | 2018-10-16 23:56 | いろいろ | Comments(0)

高松への旅2日目 宮島の厳島神社

d0249399_21111825.jpg

@箱根の時も水の中に鳥居あったな〜




Iちゃんが宮島に連れて行ってくれたー!
決まったのは昨日の朝でした。びっくり〜!

こぶたは観光に全く興味がないので、きっと一生行かない場所だと思っていた。
縁ってすごいね〜〜。


瀬戸内海を船(フェリー)で島に渡るっていうのがおしゃれだよね。
ワンアクション入れることでワクワク感が出る。センスあるよね。
瀬戸内海が素晴らしいので、これだけでアトラクション気分。

d0249399_21095071.jpg



宮島は浜もイカす。

d0249399_21484258.jpg


瀬戸内海の海って感じ〜〜〜〜。
気分が上がるわぁ〜。


d0249399_21485530.jpg


厳島神社は荘厳でした。


d0249399_21121452.jpg

d0249399_21110714.jpg

d0249399_21113211.jpg

ここまでは余裕だったんだけど…。




# by kobutanopugi | 2018-10-16 23:55 | いろいろ | Comments(0)

高松への旅1日目 往路は電車なの

d0249399_18545263.jpg

@瀬戸内海が神々しい




うどんを食べに高松に行く。

高松はうどんがとにかく美味しいんだよ!
そして安いんだよ!!
言うことなしだよ…!!!

飛行機の方が安くて早いのに、電車で乗り換え2回〜。
東京→岡山は新幹線(のぞみ)に乗ったよ〜。

瀬戸大橋では、瀬戸内海の神々しさに触れて感激!!
独特で、どの海とも違う。
八百万の神が集まる場所って感じ。

高松市内に着いて早々うどんを1杯ひっかける。
ぶっかけ冷。

d0249399_18545792.jpg


晩御飯は、鶏の種鳥を出すお店でいろんな部位を自分で焼いて食べる。
新鮮で美味しいーーーーー!!
肉や皮が美味しいーーーーー!

d0249399_18551312.jpg


ホテルでデザートを。
岡山駅で買った桃のギモーヴ。
甘いものは好きではないが、気になったのです。
おっしゃれ〜で、お土産にしたら女子受けすること間違いなしだな〜と思いながら食す。


d0249399_18552658.jpg


疲れてるけど、興奮してよく眠れんわ…。



# by kobutanopugi | 2018-10-15 23:55 | いろいろ | Comments(0)

自家製ツナのパスタと謎の液体のテイスティング

d0249399_22561210.jpg

@謎の液体2種




先日作った自家製ツナも今日パスタに入れて食べ切った。
なかなか美味しかったな。うむうむ。
最近、ずっと塩の代わりに魚醤を使っていて、この間までいかいしるだったのだけど、今は鮭の魚醤を使っています。麹を使っているので醤油っぽさがある濃厚な調味料っす。
ツナは、ちゃんと保存していたので、塩分濃度が低くても日持ちして美味しく食べられました。

今日は朝から天気が良くなかったので、酒でも飲もうかと思っていたら、母が試して欲しい液体が2つあるという。ということで、パスタのお供にいただくことになった。

液体の詳細については明かせないのだが(ごにょごにょ)、

液体Aは1/20
液体Bは2/10+30

2つは原料は同じでもつくり方がちょっと違うのです。どちらも美味しいが、Aの方が成分が強いかな〜。つまり、Aのつくり方が条件的に良かったということだ。

母は、
「自分で作ったけど、これが美味しいのか、どうなのかわからない。」
という。美味しいの基準がわからないから、詳しい第三者のご意見を聞きたいんだそうだ。
しかし、これは謎の液体なので、他人に口にしていただくことはできないのです。

母は作り手ですが、監督はこぶたです。
こぶたは、この謎の液体のジャンルは好きではないのですが、知っていないといじめられる環境にいたので、多少知識はあります。

でも、美味しいんだから、いいじゃん。
美味しくて不満がないんだから、オンリーワンでナンバーワンってことでいいと思うんだよねー。

母の知りたかったことは、こぶたが伝授した。
この辺で満足してくれないと困ります。



# by kobutanopugi | 2018-10-11 23:55 | | Comments(0)

鹿の角 立体と支点

d0249399_17155204.jpg

@9cmのレターオープナー






今日も絶好の削り日和でした。
鹿の角でとじ針ができたら、レターオープナーを作ろうと思っていたのでチャレンジ。
ピンクの鹿革(手持ち在庫)をストラップでつけました。


こぶたは左利きなので、刃を左にのみつけました。
下は峰側から撮った画像です。


d0249399_18365616.jpg


途中で、封筒の試し切りを何度もしましてん。

しかし…切れない!
なぜだ!!

検討した結果、オープナーを持った時に親指を添える部分の曲線が微妙で、刃に力が伝わらないことがわかりました。
(こぶたの文章力ではこれ以上うまく伝えられないです)
調整したら切れるようになりました。

作ろうと思っているオープナーがもっと大きいものであったら、5本の指を使うのできっと気づかない。
これは小さくて小指を添えられないので、親指で力が逃げないようにしないといけないのね…。

そもそも、鹿の角は微妙にねじれているので、元々の曲線を生かして削る。
鹿の角の曲がり具合は、ちくわを縦に切って、捻って反らせたものに近いので、削りながら考えないといけない。

針も大変だったけど、レターオープナーもなかなかでした。
鹿角で道具作りって、ちょっと手を出しただけなのに、まるで深海だわ…。
波打ち際で退散することにしよう。

あと1本、長めとじ針を作ったら一旦足を洗おう。



# by kobutanopugi | 2018-10-10 23:55 | 鹿の角 | Comments(0)

鹿の角 捩れと抵抗

d0249399_17203010.jpg

@とりあえず1本は使えそう







今日は絶好の削り日和でした。
先日針っぽくした2本を削りました。
午前中からずっと削って日が暮れました。

鹿の角は、真ん中に髄みたいなのがあって、それを除くと蛋白質の分厚い筒みたいになっているのです。しかも、まっすぐな筒ではなく、少しねじれながら曲がっているのです。
切っていて気がつきましてん。

見ているようで、見れていないですな〜。
切ってみないと気がつかないなんて。


この間、やってきたカツオを見て見事な紡錘形でまさしくシャトルだと思った。


d0249399_18481336.jpg


とじ針は縫い針ほどではないにしろ、抵抗は気になります。
針の穴に糸を通すと糸が2重になるところがモコっとして編み地を通る時に抵抗が生まれる。
これが好きじゃないのよ。
だからとじはぎ作業や縫い物が好きじゃないのかも…。

だから針は、糸が通るところが薄くて溝があるのか〜!
と、今更ながら針の形の意味に気がつく。

見ているようで、見れていないですな〜!
削ってみないと気がつかないなんて!

こぶたには、溝をつける技量はないので、せめて針の穴の部分だけでも薄くしてみた。
下手くそな絵ですが、こんな感じ。
d0249399_17410791.png
ハンドドリルの先に付ける砥石は、削るのにすごく時間がかかるけど、削れる部分が面ではなく点。サンドペーパーは早く削れるけど、面。
…なのかなあ、いうのが今の感想です。上手く使えればもっと早く作れそう。

穴は、ドリルで開けて、細く切った紙やすりを通し、根気よく削りました。
穴の中がギザギザしていると糸が傷んでしまう。

仕上げのサンドペーパーは2000番にしたので、ほんのりとしか艶はでないけど、十分です。角の表面の皮膚を模様程度に少し残したけど、鹿らしさが出てよかった。
乾燥しないように尿素配合のハンドクリームを塗りました。

自分の爪や髪の乾燥が気になるように、鹿の角の乾燥が気になる今日この頃です。



# by kobutanopugi | 2018-10-09 23:55 | 鹿の角 | Comments(2)

香川照之がすごいぜ! 2

こぶたは昆虫が嫌いだ。
(実はエビカニシャコなどの節足動物の見た目も少々苦手)

しかし、バラエティに出ている香川照之(敬称略)が好きなので、Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」という番組を欠かさず見ている。とても面白い。

昨日、「5時間目 ハンミョウ」が放送されたので見た。

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」


彼は、ハンミョウから人間が学ぶこととして番組内で以下のように述べている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ハンミョウは)独自の進化を重ねてきた
〜中略〜
ベストな選択肢として進化が綿々と繋がってきている
だから今生きてるってことが結果を出しているわけですよ
もう選ばれてるわけですよ
天から、ね
もうすでにナンバーワンであるということですよ
これをハンミョウが教えてくれる
今生きていることの尊さを感じて欲しいんだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伝えたい、という情熱がすごい響いた。
この番組を毎回見ているからかな〜。

こぶたは鈍いので、割と周回遅れで気がつくことが多いんだけど、これはとにかく響いた。

6時間目も楽しみ〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-08 23:55 | いろいろ | Comments(0)

カツオでツナ

d0249399_13495475.jpg

@ジップロックで作ってみた





カツオでツナをつくってみた!
(カツオとツナの関係については省略)

前回、キハダマグロで作った時は、量も多くて日もちさせたかったのと、身に水分が多かったので塩をたっぷり使ったのだけど、今回のカツオは状態がよかったので塩は控えめにした。

そして、今回は分量が少ないので鍋を使わずジップロックで作ってみた。
袋に入れて湯煎すれば、油が少なく済む!
身をひっくり返すのもらくちん。
お湯だから温度管理も楽。


d0249399_13495014.jpg



そして、1日寝かせてから実食。

うまい!!!

でもキハダマグロで作ったほうが美味しいかな〜〜。
刺身はカツオの方が好きだけど、ツナにするならキハダマグロだな!!

でもこぶたはどちらをどうするかは選べないのよ。
どちらも突然やってくるのよ〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-07 23:55 | | Comments(0)

自家栽培レモングラスティー

d0249399_22595416.jpg

@母に育ててもらったレモングラスを細切れに




フレッシュハーブの苗を母に育ててもらい、こぶたがいつでも使えるようにしてもらっています。こぶたは園芸はしないので、とても助かります。

春に母に頼んだレモングラスが大きくなっていたので、チョキチョキ切ってお湯で浸出してレモングラスティーに。レモンの香りと、生の青々しい香り、ほんのり甘い後味がクセになる、良いドリンクになった。これに紅茶や緑茶を入れても美味しいけど、こぶたはこのままのほうがいいなあ。

美味しいから育ててもらっていたのだけど、ちょっと存在を忘れている間に株がモサモサと大きくなていた。

冬越しの為に刈り込み、葉を乾燥させて保存するので、しばらくはレモングラスティーを楽しめます。買うと結構高いんだけど、自宅で育てると面白いし美味しいし安いし、言うことなしですな〜〜。



# by kobutanopugi | 2018-10-06 23:55 | | Comments(0)

やってきた鰹3匹

d0249399_18475901.jpg
@これで0.3人前です






最近、食べ物ネタがないわねー。
秋だし、塩次郎の塩で鰹のタタキ食べたいなー。
香川旅行の時に高知に行って鰹の土佐造り食べようかなー。

と思案していたら、マグロ釣りに行ったはずの弟がカツオを釣って帰ってきた。


やったーーーーー鰹ーーーー!!


d0249399_18481336.jpg


こぶたはマグロより嬉しいよ。
(マグロも美味しいけどね)

家族で1.5匹食べた。刺身も土佐造りもたくさん食べたよ。
美味しかったなぁ。

残りは、明日ツナにする予定です。
ツナってマグロのことなんですけど、今回はマグロがないので鰹でツナを作りまーす。



# by kobutanopugi | 2018-10-05 23:55 | | Comments(0)