幸せを探しだすこぶた

pugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

糸に執着するこぶた

d0249399_16343714.jpg
@いっそ売ろうかな




カシミヤ100%の極細毛糸でショールを編みましてん。
大きさは約160CM×70CMとやや大判だけど、極細糸なので重量が90gと超軽い。薄いのにあたたかい。カシミヤなのでふわふわ〜。
小さいジップロックに入れたらコンパクトに持ち運びできる。

去年の秋は簡単なもの(極太毛糸でブランケットとか)しか編めなかったのに、よくぞここまで復活した。ビバこぶた!!

d0249399_16344138.jpg


編むのも手間だが仕上げや洗濯も手間。
縁まで綺麗に模様が出るように、干すときはぐるっとピン打ちします。


最近、糸の素材に興味が湧いてきて、羊毛以外の糸を少し集めている。カシミヤ、ヤク、モヘヤ、アルパカ、リャマ、アンゴラ、シルバーフォックス、キャメル、ポッサム、シルクなど…。あと欲しいのはミンクとセーブル 。混率と色がいいのがないので新しいものが出るのを待ってます。毛は生き物からとれるものなので、いつ手に入らなくなるかわからない。これまで毛糸はユザワヤのセールで底値にならないと買わなかったのに、えらい進歩だわ。凝り性だからかしら。

宅急便で届く毛糸を見て、
「毛糸がよく届くけど、あんた編み物屋さんになったの?」
と母に嫌味を言われた。

いいえ、こぶたは食で生きていくのであります。
ただ、食は職業病の出現が激しいので、趣味として編み物をするのであります。

もうあまり時間が残されていないので、悔いのないように編み物をしたいです。



# by kobutanopugi | 2018-09-17 23:55 | 編み物 | Comments(0)

縫えないカーテンの次のステップ

先日レースのカーテンを編み上げて、部屋が素敵なになった。
つけなくてもに大勢に影響ないと思っていたが、つけると全然違うね!
びっくり!

そうなると、ますます目立つのが、カーテンの代わりにぶら下げている、きりっぱなしの遮光カーテン用の布。

ものすごいギャップ。

きりっぱなので、当然糸がフヨフヨ出ている。

これはいかんな〜〜。
でも自分では縫えないし、今更買おうとも思えない。
窓のサイズ的にオーダーになるしね。


そうだ!人にやってもらおう!!


ということで縫い物が得意な母に、

「時間があるときに、私の部屋のカーテンを縫ってくれても良くってよ。」

とお願いすると、うむ、と引き受けてくれた。

縫い方教えるから自分でやってみる?と聞かれた。
しかし、カーテン縫うことを覚えるくらいなら他のことを覚える方が現実的なのでお断りした。
なぜならばこぶたは裁縫が好きではないからです。
(身勝手発言)

きりっぱの布がカーテンになったら、素敵な窓になるに違いない。
楽しみ楽しみ!!



# by kobutanopugi | 2018-09-03 23:55 | いろいろ | Comments(0)

山の幸を食べる

d0249399_17073512.jpg

@小さくてカサブタみたい





先日、家族で先祖のお墓まいりに行った。
こぶたは水の入ったやかんを持って、炎天下に山の脇の農道をえっちらおっちら歩いた。
うーん、パンプスだときついな。

弟は夏にお墓まいりに来るときは甥っ子のためにクワガタを獲るので山を見ながら歩きます。
こぶたは暑くてぼんやり歩きます。

すると、山の木の肌に親指の爪くらいの大きさの黒いものがちょびちょび付いていたのです。目を凝らすとカラカラに干からびたアラゲキクラゲ!

いや〜、ぼんやりしていても、あんなに離れた木についているのを見つけるなんて、さすがこぶただねぇ。
乾燥したキクラゲは本当に小さいのにねぇ。
自画自賛だけどねぇ。

山の木に飛びついて木にぶら下がり、片手で自分の体を支えながら採ったので、片手で握れる分くらいしかない。
ほんのちょっぴりだよ。
でも天然ものだよ!

ポケットティッシュにに包んで持ち帰りました。
ほほほ!



そして自宅に戻ってきて、水につけて戻す。
ぷりぷり〜〜。


d0249399_17074348.jpg


こいつを卵と一緒に中華炒めにした。
塩とごま油といしるで味付け。


d0249399_17074924.jpg

さすが天然は歯ごたえが違うね。
かたくもないのに噛むとバリバリとすごい音がするもんね。

最近はスーパーでも菌床のキクラゲを売っていて乾燥させていないキクラゲを味わえるけど、やはり天然違うね。うんうん。

自分で採ると尚のこと美味しく感じるわ。
うんうん。



# by kobutanopugi | 2018-08-25 23:55 | | Comments(6)

ここで会ったが100年目

d0249399_21285807.jpg

@まさかここで出会うとは…




新潟県糸魚川にヒスイ拾いに行ったときに買ったホタルイカの素干し。
あまりの美味しさにあっという間に食べきってしまい、冬になったらメーカーから通販でお得用を購入しようと思っていたら、まさかの黒部ダムのおみやげ屋さんで売っていた。そういえばここは富山県。ホタルイカの素干しは富山県産です。

パッケージが黒部ダムバージョンで、雷鳥も描かれている。

きゃっほーーーーーぅ♪

ガバッと買いました。
やはり、足からちびちび食べるのが最高だ!!

秋が終わるまで大事に食べようと思います。



# by kobutanopugi | 2018-08-23 23:55 | | Comments(2)

黒部ダムに行ってきた〜

d0249399_20460956.jpg

@まるでジオラマ




家族と親戚の別荘に先祖のお墓詣り&避暑に行ってきました。
そこから足を伸ばして黒部ダムに。
黒部ダムって、富山県にあるのね〜。
初めて富山県に足を踏み入れたよ。



ダムも黒部湖もすごいんだけど、山と空が素晴らしい。
とにかく色が濃い。

d0249399_20515009.jpg



空なんて、青を通り越して藍色だ。


d0249399_20522525.jpg



お天気も良くて、ダムに虹がかかっていてきれいだった。


d0249399_20531857.jpg

黒部ダムは観光名所だけあって、商売っ気もあり、景色以外も随所に楽しめた。

経路の途中途中に売店や食堂があるんだけど、それぞれの場所限定のものがあり、記念に食べて帰ろう〜という気になる。

ちなみに、ブラックソフトクリームは絶品だった。色もこれでもかと黒い。ビターチョコレート味のソフトクリームなんだけど、甘くなくて、コーンもチョコ味で良くできている。こぶたはチョコ味嫌いだけど、これは大変満足。


d0249399_21033409.jpg


トドメにダムカレーを食す。
このダムカレーは、黒部湖のグリーンを、グリーンカレーで表しているそうで、攻めてるメニューだと思う。なかなか美味しかったし、このアイデアが素晴らしいとおもう。


d0249399_21045603.jpg

黒部ダムは長野側から行くと、トローリーバス(電車のようなバス)という乗り物に乗らないといけないんだけど、そのトローリーバスも今年で最後なんだそうだ。来年から電気バスになるんだって。

こぶたは旅行をしないので、家族について行かなかったら一生行かないと思う。
いい経験をさせてもらいました。

またあの藍色の空を見たいです。



# by kobutanopugi | 2018-08-21 23:55 | いろいろ | Comments(3)

レースのカーテンは編めたが、普通のカーテンが縫えない

d0249399_21195230.jpg

@野バラ模様のレースのカーテン






こぶたの部屋には小さな明り取りの窓が1つあり、長いことをカーテンをつけていなかった。せっかく編み物をやっているので、レースのカーテンを編んでつけました。

そして、このレースのカーテンの上に、完全遮光の布でカーテンを縫おうと思って布を取り寄せしていた。

ところが…


半日かかっても、カーテンが作れなくて挫折。


編み物と違って、布があれば面はできているわけですよ。にも関わらずできない。マチ針を打ったところであきらめた。できる気がしない。

カーテンを縫う技術を身につけるくらいなら、編み物した方がずっといい。

とにかく、カーテンが縫えなかった挫折感に打ちひしがれた日。



# by kobutanopugi | 2018-08-15 23:55 | 編み物 | Comments(2)

桃色こぶたの秋

d0249399_21550694.jpg

@スタバでピンクの飲み物





久しぶりに母と外でランチ。
この間プレゼントしたシルクのサマーニット着てくれてたー。
似合っとる似合っとる。
嬉しい嬉しい。

帰りにスタバでピーチピンクフルーツフラペチーノを。
いちごも好きだが桃の方が好きだな。

桃のシーズンなのに今年は全然食べられていない。
今月中に沢山食べないと。

もう立秋です。
暦の上では秋と言われるけど、暑いから秋ではないのではなく、秋の中に暑さがあるのだな〜と思うようになってきた。ようやく余裕を味わうことができるようになってきたように思う。

お盆が過ぎたら涼しくなるといいな。



# by kobutanopugi | 2018-08-07 23:55 | つぶやき | Comments(0)

糸のセールで燃えるこぶた

d0249399_15421951.jpg

@楽しかった〜





8月4日に、両国にあるアンティークカフェ・ウール倶楽部の夏のセールに行ってきました。持ち帰れない量を購入したので、配送してもらい、今日届いたの〜。嬉しいな〜。


d0249399_15421267.jpg


楽しそうだな〜と思い、遠いけどルンルンで行ってきました♪

開店は9時から、となっていたので開店時間ちょうどくらいにに行ったら既に人でごった返していてびっくり。ここでは、買い物かごの代わりに40リットルのポリ袋を渡してくれます。配送は着払いのみで、客がスマホで伝票の画像を撮る仕組みになっていました。セールだからできる技。頭いいな〜。

糸の価格は、一巻き(1kgくらい?)あたり3,000円、2,000円、1,000円と3つのみ。こぶたが行った時には3,000円の糸はほとんどなく…。気に入った1,000円の糸を買いました。細くてそのままでは編めない糸もあるとはいえ、かな〜りお買い得!!

でもあれだな、毛糸は勢いで買ってはダメだな。
そこは反省だな。

ベビーアルパカ混や、そのままシェットランドレースが編める太さの綺麗なモヘヤシルク、ウエアに良さそうなコットン糸が買えました。

そのうちここで販売している高級毛糸セーブリッチ(カシミヤとクロテンをブレンドした毛糸)を買って編んでみたいなぁ。好みの色が出るといいなぁ。

いろいろ楽しみ楽しみ!



# by kobutanopugi | 2018-08-06 23:55 | 編み物 | Comments(2)

太刀魚サンドイッチ

d0249399_21020172.jpg
@具だくさんにしてみた




お昼ご飯は何にしようかね〜ツナが沢山あるからサンドイッチでも作ろうかね〜と冷蔵庫をみたら、太刀魚のフィレが1匹分残っていた!!

こいつを食べねば…。

魚を食べると頭が良くなるんだよね?ね??
今日も食べよう。


8枚切食パンをトーストしてバターを塗る。そこに、

・ソテーした太刀魚(残り物)
・炒めたズッキーニ(畑でたくさん採れる)
・輪切りトマト(畑で採れる)
・両面焼き目玉焼き(安売り)
・紅生姜と実山椒の醤油漬けを入れたマヨネーズ(マヨ以外はこぶた手作り)

という相変わらずの残り物を使ったメニュー。
紅生姜はピクルスの代わりにいれたんだけど、悪くない。
もっと入れればよかった。

美味しいけど、全体的にメリハリがないな〜と思いつつも、これといった改善策も思いつかないまま食べきってしまった。具材それぞれに味をつけたけど、ぼんやりする味の具ばっかりだからかしら。

無糖のコーヒー牛乳と共に食しました。
おなかいっぱいです。
おなかぱんちくりんです。



# by kobutanopugi | 2018-08-05 23:55 | | Comments(2)

自家製ツナは美味しい

d0249399_14224027.jpg

@地味で簡素なお昼ご飯




昨日作った自家製ツナ。
今日食べたらウマい!!ウマくなってる!!
作ってよかった!!

こぶたのモチベーションが回復してきたよ!

タッパーの底に沈んでいたマグロの汁は煮こごりになっていたので、ほぐしたツナに混ぜるとさらに美味しさアップ!!

このうまさを生かして、ペペロンチーノ単体の上に自家製ツナと、水分をかなり飛ばして炒めた自家栽培ズッキーニと、自家栽培バジルをトッピング。それぞれ別々に味わいつつも、最後は混ぜて食べるようにした。

家族にも大好評。

何をつくっても“美味しい”って食べてくれると、いろんなものを作ってあげたくなる。いいように転がされるこぶたなのでした。




# by kobutanopugi | 2018-08-04 23:55 | | Comments(0)

やってきた太刀魚8匹

d0249399_21194364.jpg

@新鮮な太刀魚はピッカピカ






今日も晩御飯はマグロか〜嫌だな〜と思っていたら、釣りに行った弟からLINEが…。

「太刀魚8匹ゲット。捌いておくれ。」


午前中にマグロの養生して、ツナ作って、夜は太刀魚かよ。
(こぶたグレ気味)



で、夕方、弟と共に太刀魚が帰ってきたので、お刺身に。
太刀魚はね、大きくないと美味しくないし、捌くのめんどくさい。

フィレの姿はまるで蛇肉ですわ〜。

d0249399_21195647.jpg


皮に切り目を入れてそぎ切りに。
何もつけなくても美味しい〜。ポン酢をつけても美味しいよ。
キハダマグロ以外のおかずで本当に嬉しいよ!!


d0249399_21200264.jpg



…でも太刀魚だけではご飯にならないので、当然キハダマグロも食べる。
昨日よりも味が良くなっていたわ。


夕食後、こぶたは残りの太刀魚を処理しながら、
弟に、今度キハダマグロをまたもらってきたら捌かないでそのまま埋める、と宣言した。


絶対埋める。


弟は来月、キハダマグロを釣りに行く予定なんだとか。
釣れた分くらいはなんとかしよう。
しかし次にもらってきたら絶対埋めてやる。

太刀魚は、一番太いの3本を3枚におろして、残りを明日の晩御飯用の塩焼き用に筒切りにしたり、母がチャレンジしたいみりん干し用に開いた。

今日も自分が魚臭い。



# by kobutanopugi | 2018-08-03 23:56 | | Comments(2)

自家製ツナを作る

d0249399_13505637.jpg
@埋めてしまいたい




大量のキハダマグロがあるので、ツナを作ることにした。
ちなみに、このマグロは今日で死後4日目です。
ツナにしたら生よりも日持ちするだろう。
冷凍だけは絶対したくないのだ。
食べたくないものは冷凍庫に入れない主義です。

筋が多い尾の方の身を使う。
いいところはお刺身で食べるのだ。

塩をふりかけ、余分な水分を抜いておく。
今回のキハダマグロは水分が多いのよね。


d0249399_13513151.jpg



塩を洗い流して水気を拭き取り、鍋に入れる。
ニンニク、ローリエ、レモンタイムをいれてたっぷり油を注いでとろ火で加熱。
加熱温度を上げないことが大事らしい。

d0249399_13520784.jpg



中まで火を通したら、保存できる容器に移して、常温になるまで放置してから冷蔵庫に入れる。油の表面からマグロが出るとそこから痛むので、ラップを表面に密着させて空気に触れないようにする。


d0249399_13521612.jpg


随分水分が出てしまったわ〜〜。
次回はもっと水分が出ないくらい低い温度でゆっくり煮よう。


d0249399_13522156.jpg

あったかいうちに味見したけど、生で食べるよりも美味しい。
冷めたらしっとりしておいしくなるかしら。

ただ、やはりキハダはキハダの味。
消費には限界がある…。



# by kobutanopugi | 2018-08-03 23:55 | | Comments(0)

またキハダマグロもらった〜25kg〜

d0249399_18153141.jpg

@一般家庭でどうこうするには、ちょっとでかいな






弟は釣りが好きなので、釣り仲間からおすそ分けをもらうことがあります。

昨夜、キハダマグロを2匹釣った方から、お裾分けで丸ごと1匹(25kg)いただきました。
早速お刺身にしていただきましょう。



…っておかしいだろ。



もらった魚が25kgのマグロっておかしすぎるだろ!!!


捌かないと食べられないじゃないか!!
ブログに書かなかったが、つい先日もで〜〜っかい黒鯛3匹もらって一生懸命たべたじゃないか!
気安くもらいすぎなんじゃないのか。
ぶつぶつ…。




ま、せっかくですから美味しくいただきましょう〜。

いつもと同じで、こぶたが捌く。
内臓と血は抜いてくれていました。助かる…。

マグロをお姫様抱っこして調理台に載せました。
肩がぁああああ痛い〜〜。

当然食べるところはたくさんあるので、近所に配ったり、冷蔵庫で熟成させるために塊をペーパータオルとラップで包んで…あー忙しい。
弟が職場の人たちに分けると言っていたので、いいところを沢山わけわけ。

キハダマグロは、大きいっていうだけで特別な捌き方はありません。
そうなると、労力がかかるだけで面白くないので、今回は頭の部位を掘り下げてみました。

画像だと立体感が出ないけど、かな〜り大きいよ。
ヒレが画角に収まりきらない。



d0249399_18153682.jpg



食べるところは売るほどあるのに、頭の部位を掘り下げて。
それでも身はこんなもんです。
(ほんとはもう少しあるけど、皿にのせきれなかった)
マグロの大きさからしたらこれっぽっちだけど、大人4人がお腹いっぱいになるレベルの量ですわ。


d0249399_18154129.jpg



それぞれの名前です。



d0249399_18154638.jpg



もう、ここまででお腹いっぱい。

キハダマグロは何も悪くないのだが…。

台所と自分が生臭い!!
台所の掃除も全部終わらせてからお風呂に入って、自分をゴシゴシ。
それでも指先が生臭い。

なのに晩御飯のおかずはマグロなのよ〜〜〜〜〜。泣

お刺身と…


d0249399_21341041.jpg




生だけだと飽きるので、ちょっと焼いてみた〜。
でも疲れたから凝ったものは作れないよ〜。


d0249399_21341593.jpg



いやはや、1日一緒にいたら本当に飽きる。

部位ことの味に違いはあれど、食べたところで根底にあるキハダマグロの味を感じるたびに「お腹いっぱい」感が半端ない。あえて食べるなら、カマトロと腹身くらいかしらね。あとは埋めたいです、いっそ。

冷蔵庫もキハダマグロでいっぱいだ…。
呆然。


晩御飯の後に、カップヌードルカレー味をちょっと食べたけど、こんなに美味しいものかと思ったよ。

キハダマグロは何も悪くないのだが…。
ああ、いっそ全部埋めたい…。



# by kobutanopugi | 2018-08-02 23:55 | | Comments(2)

夏の冷えと浮腫み対策

最近、冷房をつけて座っているせいか、足が冷たくなる。
仕事してるとき、オフィスでもそうだったんだけど、これが気になって仕方がない。
ふくらはぎの下から、足首、足の甲にかけて冷える。

ちなみに、こぶたの部屋は除湿29度設定で、実際の部屋の温度は26〜28度です。

冷えの解消にはレッグウォーマーが最適である。
靴下は、締め付けが強く、足全体を覆うので熱がこもりやすく具合が悪い。
冬に編んだレッグウォーマーが夏にも活躍するなんて思っていなかったよ。
意外と登場する機会があるんだね。

女性は体を冷やさない方がいいと言われているが、そもそも現代のファッションは体を冷やすものであるように思う。

男性はスラックス、靴下、革靴なので足が寒くなることはないでしょう。
(でも相当暑そうだ…きっと辛いはずだ…)
しかし、女性はスカートで足を出し、パンツであっても、パンプスを履くために靴下も履けず、パンプスで足を締め付けられ、甲も出ているので、冷えてくださいと言わんばかりである。
オシャレは我慢、とはよく言ったものだ。

足が冷えていた時は、水が体に溜まってむくんでいたが、レッグウォーマーをするようになり、冷えという不快感も減り、むくみも無くなった。

自作したレッグウォーマーははウールカシミヤ混なのだけど、絹とかにしたらまたさらっとつけられるのかもしれない。自分で編むのだから、サイズもオーダーメイドで快適である。

手編みのレッグウォーマーは本当に活躍する優れものです。



# by kobutanopugi | 2018-07-29 23:55 | 編み物 | Comments(0)

ザリガニがいない

d0249399_17142091.jpg

@慰めのかき氷




甥っ子が夏休みなので、ザリガニ釣り&帰りにかき氷デーを作ろうとでも画策。

育てたり料理するのもちょっと飽きてきたので、もう狩りにいこうと思ってん。
ザリガニを茹でてアイオリソースでもつけて食べようと思ってん。

台風前で暑さが和らぎ、雨の前ということもあり、本日決行した。
今年の夏は特に暑いが、予定を立てようとすると暑さが和らぐのは助かる〜。

しかし!!
かつてのザリガニ釣りスポットは干上がっていた。

お目当の池は干上がって、オタマジャクシと稚亀がいるのみ。

d0249399_17142877.jpg

こぶたの住んでいるところは最近雨が降らないのよね〜。
今日は雨という天気予報でも、こぶたの住んでいるところを避けて雨が降る。
国土交通省の雨量データをチェックするたびびっくりするわ〜。

ザリガニが釣れないのは甚だ残念だが、かき氷は予定通り食べられた。

ファミレス(ココス)だけど、新聞の折り込みチラシが綺麗だったので、今年一度は食べに行こうと心に決めたのです。
両面カラー印刷で、片面、横にずらっとかき氷だけが並んでいて、裏が食事メニューの割引券。
いいチラシや画像はとっておくのだが、うっかり捨ててしまった。
食べたらいいことありそうな印象的なチラシだった。
なかなかあんないいチラシには出会えないよ。
かき氷の写真は本当に難しいのに、どうやって撮影するのかしら〜。

次はザリガニが釣れた喜びとともにかき氷を食したいわ〜。



# by kobutanopugi | 2018-07-27 23:55 | いろいろ | Comments(2)

ブログデザインを変えると変人さが際立つ

昨日、ブログのデザインを変更した。

でも今日、元に戻した。

今まで何度もブログデザイン(ブログスキン)を変更したが、なんとなくしっくりこなくてまた戻してしまう。
このデザインはエキサイトブログ の中でも古い古いデザイン。

今回は、全体をピンクでシンプルな感じでサムネイル表示にしようと画策した。
画策した、というのはエキサイトが公開しているスキンのオリジナルを、細かく微調整たから。こんな微調整するなんて今までなかったよ。
しかしサムネイルにすると、記事の管理は楽なのだが、変人さが際立ち過ぎてしまう。

特に、ヘビのカテゴリをクリックすると…、

こぶたの変人さが(以下略)

別に十分変人なんだから、これ以上際立たせる必要なんてないねん。

今のふんわりとしたデザインがこぶたの変人さを和らげてくれていたのだと思い知った。

ブログを始めて10年。
今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。



# by kobutanopugi | 2018-07-27 23:54 | つぶやき | Comments(0)

サマーニット編んでみた

d0249399_14021125.jpg

@母に誂えたサマーニット





不思議で面白い毛糸屋さんからシルク100%の糸サンプルが届き、母がいたく気に入ったので購入してサマーニットを編みました。

シルクは、糸に伸縮性が全くないので、編むときも棒針と擦れて軋みます。
すごく編みにくい。超肩痛い。もう2度とシルクの棒針編みはやりたくないですな。
(しかし残りは280gもある)

母はこの糸の色と素材を気に入っているし、サイズも母の注文通りに編んだので、このセーターも気に入ってくれました。アフターフォローとして、こぶたがおしゃれ着洗い担当です。


納品したので、こぶたの部屋にある小窓のカーテンを編み始めました。
編み物は奥が深くて本当に面白いですわ〜。



# by kobutanopugi | 2018-07-20 23:55 | 編み物 | Comments(0)

都会の空気

d0249399_10180142.jpg

@恵比寿でソフトクリームにカカオニブをぎょうさんかけて食べたわ〜





3女神のお食事会に呼んでもらった〜。
恵比寿恵比寿〜懐かしい〜。
皆それぞれ職業病を持っているのですが、飲食店に来ると炸裂する。
楽しい時間を過ごせて幸せやん。

前線で働く人の、ほとばしるエネルギーを直に感じ、感嘆した。
おそるべし3女神。
そしてこの時間が感慨深く…。
もう言葉では言い表せないよ。

この方々の今の食のブームがミルクらしく、食事はチーズ、デザートはソフトクリームだった。
実は前回も食事がチーズ、デザートが生クリームと、ミルクづくしだった。


元気になったこぶたをみて、皆喜んでくれたよ。
ありがたいよ。

こぶたみたいな変わった人はマジでそうそういないはずなので、こぶたのことは忘れないでほしいです。



# by kobutanopugi | 2018-07-19 23:55 | 外食 | Comments(2)

UCAVのクグロフ型パウンドケーキ

d0249399_23190248.jpg
@バニラ味、紅茶味、キャラメル味、チョコレート味




先日、プチギックリ腰をおしてまで行ったハンドメイドジャパンフェスで出店していた、UCAVというお菓子やさんのケーキを買いました。
こぶたは製菓に疎くはないが、製菓店の情報には疎い。

味は、1つ1つ個性がちゃんとあり、味が濃くて甘いので小さいサイズでも食べた感がある。変に凝ったものでも、省略した感もなく、味の組み合わせも、想像しているよりずっとよかったです(こういうケーキはがっかりすることも多いので…)。

このケーキは6センチくらいと小さく、大きさ、形、装飾、味をうまいこと1つの商品にまとめたな〜と思いました。しかも、個包装で常温である程度日持ちする。すごい。こんなのめんどくさくて普通やらないよ。しかも、手提げに入れてくれたときに、横に入っていたのだけど、特に崩れたりということがなかった。
味も見た目も好きな人が多いのではないだろうか。
もらって嬉しい、贈って喜ばれるお菓子。

「食べるときは少し冷蔵庫で冷やして食べると美味しい」と教わったのだけど、常温の方がバターがもたらすしっとり感がでていいように思う。

美味しいお茶とともにいただきました。
たまにこういうものを食べると、人間の世界にいた頃のことを思い出します。



# by kobutanopugi | 2018-07-18 23:55 | | Comments(0)

やってきたキメジ

d0249399_20240181.jpg
@3.8kgのキメジ(キハダマグロの幼魚)




夏が来ると、弟はマグロを釣りに出かけます。
人生に楽しみがあるのはいいことです。

そして、たくさん釣った方からお裾分けでキメジをいただきました。
早速お刺身にしていただきましょう。

さばいてみたけど、身は薄ピンクで、脂がのっておらずさっぱりした味わい。
鮮度が抜群なので、身の細胞がプリプリしているし、冷えてなくても生臭みが一切ない。血合いなんて真っ赤でそのまま食べられる。

マグロは寝かせて食べたい弟のために、いいところの身を熟成させるために冷蔵庫で保管。尾の筋っぽい身は味見用にお刺身にしてちょっとご飯のおかずに食べた。


d0249399_20240819.jpg


去年のキハダマグロとは全然違うので、また新しいアプローチで最後まで美味しく食べられるといいな。

夏はいい釣りシーズンなので、お魚がこぶたのお家にやって来てバラバラにされます。たまには、魚じゃなくて、鹿とか雉とか運び込まれてもいいのにな。



# by kobutanopugi | 2018-07-17 23:55 | | Comments(0)

不思議なズッキーニ

ゆうべ、弟の釣り仲間からのおすそ分けで大きな黒鯛が3匹うちにやってきた。
あんまりいい状態ではないから、身だけいただきましょう。

ということで、こぶたのお仕事発生。
最近、出刃も研いだし、新しく骨抜きと鱗落としを用意したので、フィレにするのが楽になった。

こぶたの作業が終わった頃に、母が畑からズッキーニをとって持って来た。
それが…みたことないタイプのやつでした。


受粉前なのにでかくないですか?


d0249399_22235948.jpg

d0249399_22201281.jpg

受粉していないのに、すでに育っておる!!
処女生誕??
それとも、受粉後に花が枯れなかったの??


普通ね、ズッキーニの雌花はこういうものなのですよ。
この雌花と雄花が受粉して、雌花についている幼果が大きくなるのですが、受粉が終われば花は役目が終わるので枯れます。


d0249399_22201542.jpg

こういうことはよくあるのかわからなかったから調べてみたけど、いいものが見つからなかった。
ズッキーニのお悩みは、雄花がいいタイミングで咲かず、受粉させられず、雌花が枯れてしまったり腐ったりしてしまうことらしい。

うちは受粉しなくても勝手に大きくなりますの。

受粉する前に、こんなに大きくなるものなのだろうか…。
早速食べてみよう。


# by kobutanopugi | 2018-07-15 23:55 | | Comments(2)

ほ、ほたるいかの素干し

d0249399_08500483.jpg
@ほたるいかの素干し



こぶたは物産店や道の駅やおみやげ屋さんでは必ず地元の食べ物や調味料を物色します。都内にある地方のアンテナショップめぐりよりも、宝探し感が強まるのよねー。

そして、一目で購入をきめたこれ…。
ほたるいかの素干しです。


d0249399_08501854.jpg


スルメは内臓をとるのだが、これはついたまま干してある。
ほたるいか自体が小さいので、つけたままでも十分乾燥できるのでしょう。
光にかざすと、身の中に光を通さない黒い部分があるのだが、これが肝臓です。

d0249399_08501124.jpg

身からちびちびかじっていく。身もうまいけど、肝のところに差し掛かると、じぶじぶっとした肝の汁が旨味と共に口に広がる…。イカの塩辛が好きな人はハマる味。
ちなみにこぶたは足から食べる方が好きです。

ビバ!内臓!!
やっぱり、イカのキモは肝なんだって!



# by kobutanopugi | 2018-07-12 23:55 | | Comments(2)

糸魚川旅行

d0249399_15584522.jpg

@海の幸の調味料





糸魚川に翡翠拾いをしたくて、二泊三日の旅に出かけた。
足腰が丈夫なうちに行きたかったのです。

ちなみに一緒に行ってくれた人は、一泊三日です。
遠いのに本当にありがたい。

フォッサマグナミュージアム、能生白山神社、姫川にも。
毎日たくさん歩いた。最終日は16.5km。


d0249399_15591856.jpg


ヒスイ海岸はすべすべした砂利で覆われていて、海も空も気持ちよかばい。


d0249399_15591425.jpg


d0249399_15590874.jpg


翡翠は一つも拾えなかったけど、姫川薬石を拾って来た。
姫川薬石は翡翠よりも容易に見つけられる。
左側の大きなのは手のひらより大きい。漬物石にしよう。


d0249399_15592360.jpg


いわゆるグルメ!というものは食べなかったけど、味に関わるものが複数、しかもさりげなく、一見味に関係ないような見た目で、こぶたの元にそっと打ち寄せられた。

なんだかとっても豊かな旅だったわ〜。
生まれ変わった気分。



# by kobutanopugi | 2018-07-11 23:55 | いろいろ | Comments(0)

HandMade In Japan Fes 2018

縁あって、ハンドメイドジャパンフェスに行ってきた。


出かけようとしたら、プチギックリ腰になり…。
家族に止められたがビッグサイトに行ってきた。

仕事ではよく訪れたビッグサイトだけど、プライベートでは初めて〜。

ネット通販サイトに出店している店舗の品物で、大量生産&大量販売が難しそうな商品、加工やデザインにこだわりがあるものが多い。メーカー商品に飽きた人たちには、そこがたまらないんだろうな〜。入場料は1日1,500円だが、見る価値がある。ものすごい人だった。ありとあらゆるハンドメイド商品、その素材になりうるもの、お菓子や調味料などの加工食品を売っているのだが、個々のブースは狭く、限られたスペースで鱗のように商品が並んでいる。びっくりするほど可愛らしいもの、美しいものがたくさんあった。時々、伊勢丹新宿店に並んだらあっという間に売れてしまうのではないかと思うようなものがあったり。多分こういうところからメジャーになって行くのでしょうね。

そこを、プチギックリ腰のこぶたがカタツムリのように見て、引っかかったものを買ってきた。

魚の革、ポッサムというフクロモモンガの毛とメリノウールをブレンドした毛糸、キラキラした刺繍糸。この毛糸と魚の革はこぶたの超ツボだわ〜〜〜。


d0249399_11085045.jpg

ユーセーアーヴェーのクグロフ型パウンドケーキ。食レポはまた後日。

d0249399_11084499.jpg


皮ごと絞ったみかんジュースと、カンボジア産の塩漬け生胡椒のペースト。どれも試食済み。


d0249399_22370315.jpg



万華鏡のような世界を見れた.
行ってよかったわ〜〜。



# by kobutanopugi | 2018-07-07 23:55 | いろいろ | Comments(0)

幸せこぶたのキャラメルバナナクレープの造形

d0249399_23405079.jpg
@夏の光が青くて昭和っぽい



幸せこぶたのバナナクレープは、食べづらい。

ナイフとフォークを使って食べないといけないのだが、
もっと、簡単にナナチキみたいに食べられないものだろうか。

今のバージョンは、春巻きっぽさ、薄焼き卵でちらし寿司を包んだ、みたいな形で、見栄えのためにソースを上にかけているのだけど、これも食べづらい。

この味わいのバランスを崩さず、ナナキチのように食べられたら、子供会のイベントとか、バザーとかで出せそうじゃない?単品でお茶も販売したりして。
結構、老若男女に受けそうな気がするんだけどな。

このクレープは、甘いものを食べないこぶたが作る数少ないスイーツの一つなのだが、家族に大変に人気があるのです。

どうにか、おいしさをそのままに、食べやすくしたい。
ちょっとやってみよう。



# by kobutanopugi | 2018-07-01 23:55 | | Comments(0)

クレーマ ディ ポンペルモチェッロができた

d0249399_22164103.jpg

@できた!





クレーマディポンペルモチェッロができた。
どうせならと思って、半分クレーマディポンペルモチェッロ、半分はポンペルモチェッロで仕上げた。

どうなんだろうと思ったら…

どっちも美味しい!!
ただ、アルコール強すぎるな〜〜〜〜!!

まぁ自家製マムシ酒70度には及ばんが…。


画像左がクレーマ ディ ポンペルモチェッロ(クリーム)で約27度、右側がポンペルモチェッロ(シロップ)で33度。

クレーマ ディ ポンペルモチェッロは、材料に乳製品を使っているので、市販のものより度数を上げてみた。飲むとき割ればいいし。アルコールとの親和性もあり、混ぜ合わせた時に分離もせず、いい感じにクリーミーに仕上がった。グレープフルーツの苦味や酸味とかは全くなく、爽やかな香りと甘い味。トロリとしたクリーム状の液体は、グレープフルーツの皮のエキスを浸出したアルコールとクリーミーさが相まって、美味しイィ〜〜〜。

クリーム好きとしては、クレーマ ディ ポンペルモチェッロは成功した。
クリーム入れないポンペルモチェッロも美味しかったので満足!
(一般的にするには、もう少し度数下げた方がいいネ)


レッツゴー呑んだくれーっっっっっ!!




# by kobutanopugi | 2018-06-30 23:55 | | Comments(0)

ガチャピンが肉団子に

d0249399_10443750.png
@写真だとエグいので手描き





先日、ガチャピンの姿になったナミアゲハの幼虫。
あれから毎日愛でていました。
毎朝お触り。脇腹をさわさわ。

ところが、本日午後にアシナガバチに肉団子にされて無残な姿になってしまいました。

大事にしていた山椒に害虫が沢山付き、それを根絶やしにしたと思いきや1匹仕留め損ねたことに気づき、その後それを育てることを決めて毎日愛でたら、アシナガバチに肉団子にされて持っていかれた。

ガチャピンには不幸だが、アシナガバチと山椒には幸運であった。

人間万事塞翁が馬とはまさにこのことだ。



# by kobutanopugi | 2018-06-25 23:55 | いろいろ | Comments(0)

金柑の花の砂糖煮

d0249399_14374755.jpg

@金柑の花〜





ところで、
畑にある金柑の木にびっちり花がついていて、たくさんの蜂がブンブンブンブン飛んで蜜を吸っている、と母がいうので、花をとってきて何か作ろうと思った。

ザルを片手に、蜂にビビりながら花を集める。沢山手を動かしても花が小さくて大した量とれなかった。

どうしよっかな〜と思い、砂糖で煮ることにした。
花をさっと洗って、砂糖をまぶしてしばらく置き、浸透圧で水分を出した後で加熱。


d0249399_14375240.jpg


花の香りとほのかな苦味が複雑な食べ物に仕上がった。
これを食べると、人工的な香りは非常にのっぺりしていることがわかる。


d0249399_15394813.jpg


これだけでうまいものではないが、カクテルに沈めたりしてカプセルのように噛んだときに複雑な味と香りが広がるようにしてもいいかもしれない。



# by kobutanopugi | 2018-06-24 23:55 | | Comments(2)

前に流行ったインカインチオイルがイカしてる

こぶたは油が好きで、1日何種類も食べます。


朝:トーストにエクストラバージンココナッツオイルをかける
  インカインチオイルを牛乳に垂らして飲む

昼:EXVオリーブオイルをふんだんに
  別料理にさらにごま油を追加
  バターも大好き

夜:魚や肉にEXVオリーブオイルをかける


インカインチオイルはヘアケアにも使っているのですが、いい感じ。

青臭いタネの味がするオイルなんだけど、こいつは切らせてはならない油になった。流行ったのは何年も前だけど、流行ったのもわかる。即効性があるんだね。

インカインチオイルを飲むと、頭がはっきりするし、朝飲むと1日中スッキリ過ごせる。

健康に気をつけた食生活なんて意識していない分、インカインチオイルの効果にびっくりしたよ。



# by kobutanopugi | 2018-06-23 23:55 | | Comments(0)